実用署名書き方   漢字実用署名サイン書き方解説   実用手書き署名解説
実用署名書き方 HOME 実用署名書き方 サイト内一覧 実用署名書き方 書き方解説見本 実用署名書き方 添削 実用署名書き方 価格 実用署名書き方 お支払方法 実用署名書き方 ご注文方法 実用署名書き方 お問い合わせ
浅山龍三  様
各文字の中で(浅)(流)のように偏と旁の文字は字幅を取りやすくなります。また、
画数が多い(龍)字が大きくなるのが自然でこの(龍)字が文字群の主役になります。
(1)、の(龍)について、字形の取り方としてはその手足になる部分を長くしますと伸びやかな文字になります。(印)

(2
)、の(浅)字は草書で幅狭くしていますから各文字の大小が出来、横幅の振幅が多くなってメリハリある文字群になっています。行書でも縦長気味に細くすることが出来ますが筆画の少ない草書の方が無理なく可能になります。このように行書と草書を含んだ行草体は各文字の表現の幅が多様で少々の崩れも後の点画で修正が出来ます。また、作品化しやすい書体になり早く書け即興的な署名に適しています。
( 縦書き・浅山龍三 様   の続き ) 
実用署名書き方見本ー1
実用署名書き方見本ー2
横書き

縦書き
t